読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大橋巨泉さん

また、昭和の名司会者が1人亡くなりました。大橋巨泉さんです。私がこの人を見た最初のTV番組はやはり「巨泉のクイズダービー」でしょう。クイズなのに競馬のように倍率をかけ、正解だとかけた倍のポイントがもらえるという今では考えられない番組の司会を行っていました。

世界まるごとHOW マッチ、11PMの司会を務めて、なかでも11PMはこの時代の夜の考えを変える人が多くなり、仕事を終えて、遊んでいる人が夜の時間を有意義に過ごせる唯一の番組だったように思います。11PMが始まったおかげで、東京の街が眠らない街になったのもこの番組のおかげ?かもしれません。

巨泉さんは、俳人としても有名で、大学時代から俳句大会に出ていたそうです。

ジャズが好きでジャズ評論家としても活躍されていました。

巨泉さんは、平和を強く意識していて東京大空襲を経験されているのです。その為、巨泉さんはいつも「非武装中立」を訴えていた数少ない人でした。2001年の参議院議員選挙では、当時の民主党から比例で出馬して当選しました。しかし、党の意見と合わず半年後、離党して議員を辞めました。

その後、がんがあちらこちらで見つかり、そのたびに手術を繰り返しましたが、ついに亡くなりました。